神と仏の民俗 - 鈴木正崇

神と仏の民俗 鈴木正崇

Add: vajiwu59 - Date: 2020-11-22 20:01:48 - Views: 7428 - Clicks: 3310

大林太良編『ウジとイエ』(日本の古代11)小学館,1987. 14. 清水浩昭「家族・世帯構成の地域差」『老年社会科学』臨時増刊号,1984. 3. 有賀喜左衛門「日本家族制度と小作制度」『有賀喜左衛門著作集』I・II,未来社,. 神と仏の民俗 - 鈴木正崇 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 柳田國男・倉田一郎編『分類山村語彙』国書刊行会,. 桜田勝徳「漁民の生活と社会」『桜田勝徳著作集』2,名著出版,1980. 13. 森岡清美『家の変貌と先祖の祭』日本基督教出版局,1984. 9. 倉田一郎『経済と民間伝承』岩崎美術社,1951. 12.

『神と仏の民俗』 著者: 鈴木正崇 出版社: 吉川弘文館 サイズ: 全集・双書 ページ数: 344, 発行年月: 年02月 【内容情報】(「book」データベースより) 神と仏の複雑な関係は、長年にわたり、知識層と一般民衆の双方の心の奥深くに浸透し、融合・棲み分け・反発など、極めて錯綜し. 宮本常一『海の民』(宮本常一著作集20),未来社,1975. 8. 湯沢擁彦『図説 家族問題』日本放送出版協会,1973. 12. 神と仏の民俗 ¥ 8,000 鈴木正崇 、吉川弘文館 、年 、1冊. カバ / 刊行年 : / 出版社 : 吉川弘文館 / サイズ(判型): 菊版.

27中外日報)より修験は神仏習合の修行体系日本文化の根底に「自然との調和」山は祈りと畏れの対象奈良時代から始まる登拝行 山岳信仰への視角 日本列島で生活する人々の文化を育んできたのは変化に富む山であり、思想や哲学、祭りや芸能. 小川直之『摘田稲作の民俗学的研究』岩田書院,1995. 3. 高桑守史『漁村民俗論の課題』未来社,1983. 3. 鈴木正崇「摩多羅神」『神と仏の民俗』吉川弘文館〈日本歴史民俗叢書〉、年2月。 ISBN。 関連項目 編集. 柳田國男編『族制語彙』国書刊行会,. 神と仏の複雑な関係は、長年にわたり、知識層と一般民衆の双方の心の奥深くに浸透し、融合・棲み分け・反発など、極めて錯綜した交渉過程を経てきた。本書は、この状況を神楽と仏教儀礼から考察し、神仏習合や混淆宗教という表層的な理解でとらえずに、地域性豊かに、個性的な想像力に. 神と仏の民俗 / 鈴木正崇著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: カミ ト ホトケ ノ ミンゾク 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 鈴木元彦『稲の民俗誌』秋田書房,1978. 16.

田中久夫編『祖先祭祀の歴史と民俗』弘文堂,1986. 13. 赤田光男『ウサギの日本文化史』世界思想社,1997. 7. 内藤莞爾『末子相続の研究』弘文堂,1973. 6. 鈴木正崇 『神と仏の民俗」:p. 福田アジオ『日本村落の民俗的構造』弘文堂,1982. 4. 和歌森太郎「日本人の交際」『和歌森太郎著作集』12,弘文堂,1982. 10.

岩本由輝『柳田國男の共同体論』御茶の水書房,1978. 16. 川島武宣「農村の身分階層制」『川島武宣著作集』,1,岩波書店,1986. 4. 古代の後戸の神仏/二 中世の後戸の神仏/三 後戸の変遷/四 近世の後戸/五 民俗. 成城大学民俗学研究所編『昭和期山村の民俗文化』名著出版,1990. 16. 鈴木 正崇 大橋直義編『根来寺と延慶本「平家物語」-紀州地域の寺院空間と書物・言説』(アジア遊学211)勉誠出版年6月 査読有り 招待有り. 総理府統計局『我が国の世帯構成とその変動』日本統計協会,1984. 4. 143 ; 175株式会社吉川弘文館 高見寛孝 『荒神信仰と地神盲僧一一柳田園男を超えて一一』:p158 ; 192; 295有限会社岩図書院 竹内平吉郎 1998 「第九章年中行事」金光町史編纂委員会『金光町史』民俗編:p.

See full list on web. 坪井洋文「稲作民の再生儀礼」『日本民俗研究大系』2,國學院大学,1982. 5. カミ ト ホトケ ノ ミンゾク.

神と仏 : 民俗宗教の諸相 フォーマット: 図書 責任表示: 宮田登 ほか 著 出版情報: 東京 : 小学館, 1983. 坪井洋文編『村と村人』(日本民俗文化大系8)小学館,1984. 3. 野本寛一『稲作民俗文化論』雄山閣出版,1993. 8. 橋本鉄男『木地屋の移住史』民俗文化研究会,1970. 14.

坪井洋文『民俗再考』日本エディタースクール出版部,1987. 8. その他の編著者: 国分良成, 鈴木正崇, 関根政美: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ミンゾク デ ヨム チュウゴク: タイトル言語: jpn: 著者名ヨミ: カニ, ヒロアキ スズキ, マサタカ セキネ, マサミ. 坪井洋文「家の祭祀的構造」『国学院大学日本文化研究所紀要』37,1976. 11. 神と仏の民俗 (日本歴史民俗.

鈴木 正崇(すずき まさたか、1949年 11月21日 - )は、日本の文化人類学者、民俗学者、宗教学者。慶應義塾大学名誉教授。専門は、民俗宗教、祭祀 芸能、民族生成の比較研究、民俗社会を中心とする日本文化論など。. 福田アジオ『可能性としてのムラ社会』青弓社,1990. 5. 関戸明子『村落社会の空間構成と地域変容』大明堂,. 13. 小川徹太郎『越境と抵抗-海のフィールドワーク再考』新評論、. 6. 鈴木正崇スズキマサタカ 1949年、東京都生まれ。1972年、慶応義塾大学経済学部卒業。1979年、慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、慶応義塾大学文学部教授。.

山中永之佑『日本近代国家の形成と村規約』本鐸社,1975. 8. 高桑守史『日本漁民社会論考』未来社,1994. 4. 鈴木 正崇、年、吉川弘文館. 小島敏雄編『日本林野制度の研究』東京大学出版会,1955. 10. 5 「日本人の山岳信仰」鈴木正崇著(. 3 芸能の起源や本質は鎮魂にあり~. 瀬川清子『海女』未来社,1970. 10. 柳田國男編『山村生活の研究』国書刊行会,.

小山 隆 他『家と現代家族』培風館,1976. 2. 鳥越皓之『家と村の社会学』世界思想社,1985. 2. 沖浦和光『幻の漂泊民・サンカ』文芸春秋,. 6.

Amazonで鈴木 正崇の神と仏の民俗 (日本歴史民俗叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 正崇作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 神と仏の民俗 フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木正崇著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 小川 博『海の民俗誌』名著出版,1985. 5. 鈴木 正崇『神と仏の民俗』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。.

出雲は大和とならぶ古代日本の聖地です。令和2年()は、我が国最古の正史『日本書紀』(720年)が編纂されて以来1300年にあたり、展覧会やシンポジウムが企画されています。『日本書紀』に描かれているのは大和王権主体の歴史ですが、出雲には大和と異なる古い歴史があります。出雲に. 鈴木 正崇(すずき まさたか、1949年 11月21日 - )は、日本の文化人類学者、民俗学者、宗教学者。 慶應義塾大学名誉教授。専門は、民俗宗教、祭祀 芸能、民族生成の比較研究、民俗社会を中心とする日本文化論など。. 『シリーズ 変貌する家族』全8巻,岩波書店,. 16. 日本学士院『明治前日本林業技術発達史』日本学術振興会,1957. 9. 竹内利美「ムラの行動」『日本民俗文化大系』8,小学館,1984. 9. 渡辺洋三『農業水利権の研究』東京大学出版会,1954. 7. 鈴木正崇著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,.

竹内利美『家族慣行と家制度』恒星社厚生閣,1969. 8. 竹田聴洲『祖先崇拝』平楽寺書店,1957. 7. 原田敏丸『近世村落の経済と社会』山川出版社,1983. 7. 神と仏の民俗の本の通販、鈴木正崇の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで神と仏の民俗を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 福田アジオ『番と衆』吉川弘文館,1997. 6. 桜田勝徳『海の宗教』淡交社,1970. 12. 今里悟之『農山漁村の<空間分類>』京都大学学術出版会、. 14. 宮本常一『農業技術と経営の指摘側面』(宮本常一著作集19)未来社,1975. 14.

ちくま文庫. 5. 柳田國男「先祖の話」『柳田國男集』10,筑摩書房. 佐々木高明『日本の焼畑』古今書院,1972. 10. 木村 礎『近世の村』教育社歴史新書,1980. 5.

6 形態: 463p, 図版 8 p : 挿図 ; 23cm ISBN:シリーズ名: 日本民俗文化大系 / 網野善彦 ほか 編 ; 第4巻 著者名: 宮田, 登(1936-) . 神と仏の民俗 鈴木正崇 吉川弘文館. 亀山慶一『漁民文化の民俗研究』弘文堂,1986. 7. 山と神と人 - 山岳信仰と修験道の世界 - 鈴木正崇 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント. 竹田聴洲他『日本の家』国書刊行会,1981. 8. アンヌ ブッシイ 、 鈴木 正崇 | /5/22. 河岡武春『海の民』平凡社,1987. 11.

鈴木 正崇『神と仏の民俗』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 慶應義塾大学名誉教授。日本山岳修験学会会長。専攻:文化人類学・宗教学・民俗学。 著書:『中国南部少数民族誌』(三和書房,1985),『山と神と人』(淡交社,),『スリランカの宗教と社会』(春秋社,1996),『神と仏の民俗』(吉川弘文館,),『女人禁制』(吉川弘文館,),『祭祀と. 野本寛一『焼畑農耕文化論』雄山閣出版,1985. 9. 中川 淳編『家族論を学ぶ人のために』世界思想社,1999. 5. 2 形態: 8, 344, 14p ; 22cm 著者名: 鈴木, 正崇(1949-) シリーズ名: 日本歴史民俗叢書 書誌ID: BA以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。 紀伊國屋書店BookWeb:. 白石昭臣『畑作の民俗』雄山閣,1988. 4.

竹田 旦『「家」をめぐる民俗研究』弘文堂,1970. 9. 大間知篤三「家と民間伝承」『大間知篤三著作集』1,未来社,1976. 7. 藤岡謙二郎『村落と開発』(講座 考古地理学4),学生社,1985. 4. 市川秀之『広場と村落空間の民俗学』岩田書院,. 11. 村武精一『家族の社会人類学』弘文堂,1973. 4.

千葉徳爾『狩猟伝承研究』全4巻,. 11. 森岡清美『新しい家族社会学』培風館,1983. 2. スミス『現代日本の祖先崇拝』御茶の水書房,1981. 10. 香月洋一郎『山に棲む』未来社,1995. 10. 木村 礎『村の語る日本の歴史』全3巻,そしえて,1983. 2. 堀田吉雄『海の神信仰の研究』上・下,光書房,1979. 15. 小野武夫『日本村落史概説』岩波書店,1936. 3.

2 形態: 8, 344, 14p ; 22cm 著者名: 鈴木 正崇シリーズ名: 日本歴史民俗叢書 ; 書誌ID: BAISBN:. 原 忠彦・末成道男・清水昭俊『仲間』弘文堂,1979. 11. 安室 知『水田をめぐる民俗学的研究』慶友社,1998. 2. 早川孝太郎『農経営と農業技術』(早川孝太郎著作集7)未来社,1973. 15. 湯川洋司 『山の民俗誌』吉川弘文館,1997. 5.

桑子敏雄『風景のなかの環境哲学』東京大学出版会、. 15. 鈴木正崇先生退職記念論文集 森羅万象のささやき : 民俗宗教研究の諸相: 注記: 鈴木正崇履歴: p929-936 鈴木正崇研究業績一覧: p935-980 鈴木正崇研究会の歩みと関係者一覧: p981-989 文献: 各章末: 著者のヨミ: スズキ, マサタカ. 香月洋一郎『景観の中の暮らし』未来社,1982. 9. 鈴木 正崇(慶応義塾大学名誉教授) 講座案内: 熊野の各地には多彩な祭りと芸能が伝わっている。瀧・川・山・海などを舞台に展開する、那智の扇まつり、新宮の船祭り、本宮の春祭り、神倉の火祭りなど、神仏習合の名残りをとどめる。. 川島秀一『漁撈伝承』法政大学出版局,. 2. 文化庁文化財保護部編『狩猟習俗』1,国土地理協会,1973. 12. 天野 武『狩りの民俗』岩田書院,1999. 3.

神と仏の民俗 フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木 正崇言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 喜多野清一「身分と家格」『日本民俗学大系』4,平凡社,1959. 6. 【tsutaya オンラインショッピング】神と仏の民俗/鈴木正崇 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画.

佐々木 章・椎葉クニ子『おばあさんの山里日記』葦書房,1998. 2. 和歌森太郎「村の寄合と座順」『和歌森太郎著作集』10,弘文堂,1981. 8. 鈴木正崇著 (日本歴史民俗叢書) 吉川弘文館,. 伊藤幹治『家族国家観の人類学』ミネルヴァ書房,1982. 13. 倉田一郎『農と民俗学』岩崎美術社,1969. 13.

鈴木 正崇 山岳信仰を中心として日本人にとって山とは何だったのかを歴史的な観点から考察した。 最初に仏教と山岳信仰の出会いの記憶を伝える開山伝承を検討し、神と仏が山岳を結節点にして変容してきた諸相を考えた。. 八木康幸『民俗村落の空間構造』岩田書院,1998. 12. 牧田 茂『海の民俗学』岩崎美術社,1968. 9. 孝本 貢『現代日本における祖先祭祀』御茶の水書房,. 3.

竹田 旦『日本の家と村』岩崎美術社,1976. 10. 上野千鶴子『近代家族の成立と終焉』岩波書店,1994. 6. 藤井正雄『祖先祭祀の儀礼構造と民俗』弘文堂,1993. 2. 市川健夫『日本のサケ』日本放送出版協会,1977. 神と仏の民俗 - 鈴木正崇 16. 2 形態: 8, 344, 14p ; 22cm 著者名: 鈴木, 正崇(1949-) シリーズ名: 日本歴史民俗叢書 書誌id: baisbn:.

前田 卓『姉家督』関西大学出版部,1976. 7. 玉城 哲「水田稲作と『むら社会』」『日本民俗文化大系』8,小学館,1984. 6. 2 形態: 8, 344, 14p ; 22cm 著者名: 鈴木, 正崇(1949-) シリーズ名: 日本歴史民俗叢書 神と仏の民俗 - 鈴木正崇 書誌id: baisbn:. 可児弘明『鵜飼』中公新書,1966. 17.

『神と仏の民俗』鈴木正崇、吉川弘文館、年 『の再構築』吉原和男・鈴木正崇・末成道男(共編)、風響社、年 『大地と神々の共生―自然環境と宗教』鈴木正崇(編)、昭和堂、1999年. 大林太良編『海人の伝統』(日本の古代8)中央公論社,1987. 18. 竹田 旦『祖先崇拝の比較民俗学』吉川弘文館,1995. 4. 原田敏明『宗教と社会』東海大学出版会,1972. 2. 大島美津子『明治のむら』教育社歴史新書,1977. 6. 湯川洋司『変容する山村』日本エディタースクール出版部,1991. 4. 神と仏の民俗 - 鈴木正崇/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 竹内利美「組と講」『郷土研究講座』,2,角川書店,1957. 3.

伊藤幹治・栗田晴之編『日本人の贈答』ミネルヴァ書房,1984. 11. 書評 鈴木正崇著『神と仏の民俗』日本歴史民俗叢書: 著者: 大森 惠子: 出版地(国名コード) JP: 注記 記事種別: 書評 別タイトル: Book review: Masataka Suzuki, A Japanese history folk series, God&39;s and Buddha&39;s folklore: 出版年(W3CDTF) : NDLC: ZG6: 対象利用者: 一般: 資料の種別. 内藤莞爾『日本の宗教と社会』御茶の水書房,1978. 12. 山路勝彦『家族の人類学』世界思想社,1981. 3. 神と仏の民俗(日本歴史民俗叢書) 12月15. 磯田 進「村落構造の二つの型」『法社会学』1,1956. 5. 福井勝義『焼畑のむら』朝日新聞社,1974. 11. 西村朝日太郎『海洋民族学』日本放送出版協会,1974. 14.

内藤莞爾『五島列島のキリスト教系家族』弘文堂,1979. 5. 社会伝承研究会『家格制と村落構造』(社会伝承研究VI),1978. 7.

神と仏の民俗 - 鈴木正崇

email: imiten@gmail.com - phone:(687) 627-3714 x 3187

応用物理の最前線 - 早稲田大学理工学部応用物理学科 - 実務家養成シリーズ わかりやすい法人税

-> 石川県の教職・一般教養過去問 2022 - 協同教育研究会
-> タコポン - いましろたかし

神と仏の民俗 - 鈴木正崇 - 傭兵マニュアル 毛利元貞


Sitemap 1

信長の野望 天道 マニアックス - ポジティブボイス - 紅茶の楽しみ方